トップページ >眼科診療のご案内>診療のご案内

診療のご案内

白内障

点眼麻酔にての無縫合手術なら入院なしの日帰り手術が可能です。手術時間は約15分です。従来より日帰り白内障手術を多数手がけております。日帰り、入院手術を症状やご希望にあわせてご提案させていただいています。ご相談ください。
手術は日生病院(日帰り、入院)もしくは切通眼科(日帰り)にて長谷川が執刀しております。



角膜疾患

角膜混濁、水疱性角膜症などへの全層角膜移植術、円錐角膜、角膜変性症などへの表層角膜移植術は入院の上、海外ドナーによる角膜移植術を行っています。日生病院にてエキシマレーザーを用いた表層角膜切除術、屈折矯正手術(LASIK)は江坂の稲澤クリニックにて行っています。



緑内障

40才台以上では5%の有病率であり早期発見、診断が欠かせません。通常の眼圧測定で正常値を示す正常眼圧緑内障も増えており、眼底検査、視野検査、角膜厚検査など総合的な診断を行い、治療を進めてまいります。



コンタクトレンズ

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。眼科専門医の診察、指導のもとでの装用が必要です。長谷川眼科クリニックでは視力、屈折のみならず、角膜内皮細胞検査、角膜形状解析検査、角膜厚検査を必要に応じ用い角膜の状態を確認、最適なコンタクトレンズをお選びいたします。 また安心してお使いいただくために長谷川コンタクトにてレンズはリーズナブルな価格にて提供しております。各主要メーカーの使い捨てレンズから特殊な治療用レンズまで取り揃えております、詳しくはお問い合わせください。

当院ではオルソケラトロジーも行っております。 オルソケラトロジーとは、就寝時に特別な高酸素透過性ハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)を装用し、寝ている間に角膜の曲率(カーブ)をゆるやかに変化させることで視力を回復させる方法です。翌朝、オルソケラトロジーレンズをはずした後は1日中快適な視力が得られます。装用を中止することで元の状態に戻すことができる点で、レーシックができる年齢に満たないお子様にもおすすめです。



▲ ページ上部へ戻る